家族葬で失敗しないためには

subpage1

家族葬は最近になって人気を集めている新しい葬儀の形です。



従来の葬儀のように多数の参列者に来てもらうのではなく、家族などごくごく親しい身内だけで葬儀を営みます。
そのため余計な気遣いが無用で、しかも料金が低めに設定されているのが家族葬の魅力となっています。

ただしこの家族葬は新しいタイプの葬儀ですので、世の中で完全に定着しているとは言えません。
ですから慎重に検討しておかないと、あとから思わぬトラブルが発生することもありますので要注意です。

@niftyニュース情報の失敗しない選び方を紹介します。

故人との最後のお別れの儀式である葬儀を後味の悪いものにしないためにも、何らかの対策は練っておいたほうがいいでしょう。家族葬で失敗するケースとしては、近親者とのトラブルが挙げられます。


従来の葬儀とは異なる形式に拒否反応を示す人もおり、また自分が出席できないことに不満を抱く人が出てくる可能性がありますので、この葬儀を行う上では親族に十分な理解を得ておくことが大切になります。

家族葬の情報を探すならこちらです。

また金銭面でも考慮が必要です。出席者が少ないので料金設定は低くなっているのですが、家族だけの葬儀では当然ながら香典はごくわずかとなってしまいます。


香典には相互扶助の意味合いもあり、いただいた香典を葬儀費用に充てることは珍しいことではありません。


したがって香典の額が減少する場合は、自費で負担する部分が拡大してしまうということに直結するのです。


費用を抑えたいがために家族葬を利用しようと考えている人は、特にこの点に関しては注意が必要です。

専門知識

subpage2

家族葬は故人の家族およびごく親しい身内だけで行う葬儀です。余計な気遣いをする必要がなく、費用も安く抑えられることから、最近はこのタイプの葬儀を選択する人も増えています。...

more

初心者向き社会!

subpage3

こぢんまりとしてコンパクトな葬儀にしたいと家族葬を望む家庭も増えてきています。費用の節約なども検討している中で、こんな葬儀の仕方もあるのかとほっとする方も少なくありません。...

more

知っておきたい常識

subpage4

親戚付き合いの変化から葬儀スタイルも変化があり、家族葬を選択する家庭も多いでしょう。家族葬とはごくわずかな親族のみで故人を送りだす葬儀スタイルでかつての告別式などの多い弔問客の対応で中々故人との時間が取れない中、多くの弔問客を省く事でより遺族と故人が向き合える時間を取れる為、遺族にとっても時間的にゆとりを持って満足いくお別れが出来るとして選ぶ家庭が増えています。...

more

社会関係の真実

subpage5

昔、葬儀は地域社会で盛大に行うものでした。数十年前までは社葬も一般的でした。...

more